So-net無料ブログ作成
健康問題 ブログトップ

肺がんについて [健康問題]

同じ年齢の親友から電話がかかった。肺がんが見つかり、精密検査の結果、動脈に近いのでオペができない、という。私は言葉を失ったが、彼の方は案外たんたんとしている。こういう時、何を言っても慰めにはならないから、私にできることは、じっと彼の話を聞く以外にできることはない。この年まで、やりたいことをやらせてもらったからもう自分は本望なのだ、と強がるふうもなく話を続けている。ヘビースモーカーだったからまあ自業自得だよね、というが、私としては「うん、そうだなあ」ともいえず、ただひたすら話を聞く。

人間は生存本能の強い生き物だから、いくつまで生きたからもういい、というものではない。幸い、彼はもう次の仕事の手順も考え、前向きに生きようとしているようなので、たぶん私が彼にしてあげられることは、これまで、用がある時しか電話をしなかったが、うるさくない程度にときおり電話をいれて話を聞いてあげるくらいが関の山であろう。

ガンが人体の中に発生して、検査で見つかる大きさになるまで平均19年もかかっているそうだから、私くらいの年齢の人はたぶん大部分の人に、がんはすでに発生していて、検査をしても細胞レベルだからひっかかってこないだけであろう。つまり私も、当ブログを読んでおられる大部分の人もおおかたががん生成過程にある、ともいえる。立派に検査に引っかかるまえに、脳梗塞か、心筋梗塞で死んでしまえば、それはガンはもともとなかったことと同じことになる。彼の場合肺がんで、肺がんに関していえば早期発見は、治癒率の向上にはつながらない、ということが立証されている。現に彼は昨年のレントゲン写真では異常なしだったという。私も今年のレントゲン写真では異常なし、と出たが、それは肉眼で見えていないだけで、細胞レベルでは誰にもわからない。胸のレントゲン写真の医師所見は勤務している大学に提出を義務付けられているものだが、肺がんの早期発見をしてあげる、という親切心が目的ではなく、結核などの他人に伝染する病気を恐れてのことにちがいない。

人生の楽しみ [健康問題]

「先生、少しおやせになったのではないですか?ずっとショパンのイベントにかかりきりでお疲れが出たのでしょ」と、このところいわれる。いや、ショパンのイベントくらいでは痩せないのだが、数ヶ月前に健康診断で糖尿寸前、といわれたものだから、あわてて甘いものは極力食べない、食事を減らす、と必死になってダイエットをしたら3キロ減って、数値は正常値になった。これはめでたいことではあるのだが、ケーキも肉も油濃いものや炭水化物も減らしていたら、確かに医者を満足させる数値になることは証明された。

 だが、食い物の楽しみをここまで減らして、生きている意味なんてあるのだろうか、とだんだんいらいらしてきた。そこで最近は80%くらいではあるものの肉も炭水化物も、ケーキも楽しみもふたたび食欲をみたすようにしてきている。

 「そろそろ一度また検診をしましょ」とお呼びがかかった。そういえば知人、友人たちが来週検診だから、酒や食べ物を減らさないと、とよく言っている意味がわかってきた。検診の数値をよくするためだけに食べ物を減らすことの無意味さを私はこれまで笑ってきたのである。人生の楽しみをすべて犠牲にしてまで長生きはしたくないが、さりとて検診の数値は気になる、人間とはこういう矛盾したものなのであろう。数値が完璧だから、といってもほかに突然死に巡り会うチャンスはいくらでもあるし、この瞬間にも体のどこかにガンが発生している可能性だってある。バランスを保つのは難しい。

リタリン [健康問題]

 普通の人には関係ないのだが,最近新聞をにぎわしている抗うつ剤のリタリン。私も多少うつ傾向があるので,この薬の名前は知っているが自分では使ったことはない。1度に70錠も(通常は多くても2、3錠)一度に飲んで幻覚状態で義父を殺害したが、裁判では自分をコントロールできない状況下ということで無罪となった。

 でもこの無罪は私は納得できない。どんな薬も基本的には毒なのだから,ましてや抗精神薬である。70錠もいっぺんに飲む方がなんといっても問題だし,これほど多量の薬を処方する医師がどだい無茶なのだ。1日2錠としても2週間分で合計最大28錠のはずである。日本では良心的な精神科の医師はこの薬を非常に慎重に使う。それほど問題の多い薬らしい。私の場合のように、非常に軽症でそれもたまに薬が必要,というのとはちがって、重症の場合になると、医師もいろいろな薬をためして(悪くいえばめくらめっぽう)どれかがよくきけば幸いで、効かないと、どんどん薬の量が増える。使用できる最大限の量は、あってないようなもので、医師の裁量によるし、患者の個人差にもよる。

 こういう患者のためには、2週間分の薬を一度に飲ませないように誰かが管理してやらなくてはいけない。それができなかったところにこういう悲劇が生じたのだろう。ひとごとでない。


健康問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。