So-net無料ブログ作成

ふたたび「ユダ福音書」について。「ユダ受難曲は将来書かれるか?」 [思想]

やっぱりあのハーバード  クロスニーの著書「ユダの福音書を追え」はそこいらのいかさまな本ではなさそうだ。今はやりの「ダヴィンチ  コード」などはこれにくらべれば大衆文学にすぎず、話にならないいい加減なもののようだ。

私はそう本をたくさん読むほうではないが、一度面白いと思ったものは何度も繰り返して読む習癖がある。どうやら「ユダの福音書」は実在するもので、前のブログには書いていないが、紀元2世紀後半に正統派キリスト教となったエレスナイオスが「ユダ福音書」を「異端」と決めつけ、排除したことに端を発するようである。この決着には解読がもっと進み、多くの議論がなされなければならないだろうが、私はありそうな話だなあ、と興味津々である。もしかして本当に、ほんとうにそうなら21世紀最大の発見ということになろう。これまでの4つの福音書が全部ウソを言っている可能性もある。

現代の神学では、福音書というものはマタイとかルカとか特定の人物がものしたものではなく、原始キリスト教がそれぞれの派閥に分かれてできた産物、といわれている。イエスを裏切ったのはユダばかりではなく、結局全部の弟子たちも全員裏切っていることは4つの福音書も否定していないわけだから、「ユダ福音書」が存在し、それは4つの福音書と対立した内容を持つ、といわれれば、神学にはうとい私にも納得がいく。

音楽も1世紀くらい後になって「ユダ受難曲」という傑作が書かれたら、そのとき、シュッツやバッハの受難曲は音楽的価値はかわらないとしてもどう位置づけされることになるのだろう。


ユダ福音書 [思想]

最近面白い本を読んだ。新約聖書にはマルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの4福音書だけがあることになっているのだが、そのほかにユダ福音書というものが存在する、という話。

これはよくあるいかがわしい推理本ではなくて、きちんとした論証をふまえたものであるらしい。もとより、私は素人だから真偽の判断はつきようがない。それによれば、原典は多分ギリシャ語に違いないが、それをコプト語に翻訳したパピルスが見つかった、という話で解読がほとんど不可能なほど劣化しているがそれでも、根気強い復元作業でかなりの程度まで解読が進んでいる、というのだ。ユダはイエスを銀30枚で売り渡した悪党、ということで4福音書では一致している。しかし、この文書で明らかになったところでは、実はユダはイエスの弟子のなかで一番ぬきんでた信頼を得ていた人物で、イエスを売り渡すのは実はイエス自身がユダに命じたのだ、という内容。

もしこれが本当だとするなら、これまでの新約聖書そのものの価値を左右しかねない問題で、死海文書の発見に匹敵する大事件である。原始キリスト教団がいくつかの派閥に分かれて論争を繰り返すうち、その過程でユダ福音書は異端として抹殺されてしまったに違いない、という推論である。

こんなものを読んでいると興奮して眠れなくなってしまう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。