So-net無料ブログ作成
検索選択

日本ショパン協会賞決定 [日本ショパン協会]

日本ショパン協会の「昨年度に一番すぐれたショパンを演奏した若手の演奏家に贈られる「日本ショパン協会賞」が一昨日の理事会で決定したのでお知らせします。選考基準の大まかな内容は:

(1)若手の演奏家であること(特に厳密に年齢が決まっているわけではない)
(2)日本人のピアニストであること
(3)ショパンのプログラムが演奏内容の重要な位置を占めていること(例えばいくらすぐれた演奏でもバラード一曲、などでは対象にならず、ショパンの演奏家として多方面の評価に耐えるだけの分量と内容があること)
(4)基本的に国内で演奏されたものに限る

等で、実際の演奏を聴かれた理事、もしくは協会指定の音楽評論家の推薦があること、などであるが、これだけではすべてを網羅できないので、第三者であっても日本ショパン協会の理事等を通じて推薦されたものも選考の対象となることもある。最終的に担当理事に提出された録音物等を聴いて理事会の論議を経て決まる。

今年は実川實、中桐望、外山啓介、坂田知樹、魚谷絵奈の5名が最終的にノミネートされ、理事会の慎重な審議を経て、昨年オールショパンプログラムでリサイタルを開催した中桐望さんに決定した。

中桐望さんはワルツOp.64、バラード3番、24の前奏曲、コンチェルト第二番(室内楽版)というプログラムで抜群の演奏を披露した、ということで、最終的にどの理事からも異論は出なかった。珍しいことである。ここ2年、該当者なし、の年が続いたので、今年も該当者なし、となったら困るなあ、と事務局長がやきもきしていた。たいてい、カンカンガクガクの議論が出てなかなか決まらないのが通例だが、今年はほぼ全員意義なしで決定したことは誠に喜ばしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。