So-net無料ブログ作成
検索選択

経済音痴vs経済学者 [経済]

マイナス金利など理論上あり得ない、と一昔前の経済学者は学説を垂れていたが、私は素人ながら理論上も実際的にも十分あり得る、と思っていた。それが現実になったに過ぎない。この所の円高、株安は世界的な要因が複雑に絡まっているので今後どうなるか、という不安でまだしばらくはこの流れは止まりそうにない。私は株は一株も所有していないから株安は関係がない、という風にも思っていない。中国の経済、ドイツ銀行の経営不安、BRICsの経済力低下、そして最大の懸念はもはや絶対に戻ることのない日本の巨額の債務。このいつか必ず発生する時にできる「ブラックホール」がどんなものか誰にも想像もつかない。

大した資産、と言えるほどのものは持っていない私でもかなり影響は受けている。「下流老人」にならないために、経済雑誌を読んで見てももう遅すぎるようで,経済雑誌のいう「老人」とは会社を定年になった65才を老人と規定しているから,80に手が届こうという超老人に参考になることはなに一つ書かれていない。もはや蚊帳の外なのである。

最大の私の資産は「健康」ではないかと思っている。重病になれば医療費がかかるだけでなく,その間は働けないから二重の損失になる。さいわい今のところ家族も含めて重病人を抱えていない。この年でもまだ働けてそこそこの収入はある,というのは,才能,というより単に僥倖に過ぎないと思っているから威張れるほどのものでもない。

一番の関心事はいつまでピアノを弾き続けられるか,ということで,ピアノを弾く、ということを私から取ってしまうとあとなにも残らない,という恐怖感はいつもある。まあと十年とは生きないであろうから,死後の私にとって世界経済がどうなろうとどうということはない。しかしこれからの人は大変だなあ,とは思う。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

ちくさのメルファン

仰せの通り、健康は本当に大切な資産だと思います。因みに、私は歩ける場合は徒歩で移動するなど健康に留意し、我が国の医療費と私自身のサイフに少しでも負担をかけないようにしつつ、電車代も節約し、それらで浮いたお金でゲッピンゲンに貢がせて頂いております(笑)
by ちくさのメルファン (2016-02-14 15:10) 

klaviermusik-koba

ちくさのメルファンさま

ゲッピンゲンに貢いでいただくのは結構なことと思います。一見,ドイツの一人勝ちな感じもしますが,ドイツ銀行も少しヤバいようですし、ゲッピンゲンもドイツ銀行に多少とも貢献するなら、回り回って日本の株価にも影響することを期待します。(ちょっと無理か)(笑)
by klaviermusik-koba (2016-02-14 15:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。